女医

腎臓病は急性と慢性の二種類に分けることが出来る

特徴と宅配サービス

笑顔の女性医師

腎臓病は腎臓の機能が徐々に低下してしまう病気です。腎臓は体内の不純物や毒素を排出するための尿を作る器官です。この機能が低下してしまうという事は、体内から毒素を出せなくなってしまうという事です。腎臓病は悪化してしまうと腎不全という状態になるのが特徴で、こうなってしまうと人工透析を行わなくては日常生活が送れなくなってしまいます。そして、腎臓病の最も大きな特徴は自覚症状がほとんどないという事です。どれくらい自覚症状がないかというと、正常な状態に比べて20パーセント程度の昨日までに低下して初めて自覚症状が出るといわれています。また、患者数も日本人の役8人に1人ととても多く、国民病として言っても良いでしょう。

腎臓病になってしまうと、現在の医学では完全に治療することが出来ません。出来ることといえば、病気の進行を止める、または出来るだけ遅らせることのみです。治療には薬物療法が一つの方法ですが、もう一つ、食事療法もあります。食事療法は決められた栄養を決められた量取らなければいけないのですが、自分で毎日作ろうとすると食材や調理法を一つ一つ考えなければいけないので、とても大変です。そのため、現在では腎臓病患者に向けた食事の宅配サービスというのがあり、腎臓病患者にはとても人気となっています。宅配サービスは毎食ごとの食材がセットになって送られてきて、簡単な調理をするだけで必要な栄養素を摂れる料理が出来るというサービスです。