微笑む女性ドクター

腎臓病は急性と慢性の二種類に分けることが出来る

腎臓をいたわりましょう

先生と患者

腎臓病は完治が難しいですが、腎臓をいたわることで症状の進行を遅らせることができます。日常生活では無理しないようにし、食事療法を実践しましょう。腎臓病になると様々な症状が出て、最終的には透析や腎臓移植が必要となります。しかし、医療の進歩により進行を遅らせたり、透析導入後の生活が改善されたりしています。

詳細へ

老廃物が体外に出ない

手

慢性の腎不全

腎不全という腎臓病は大きく分けて、急性腎不全と慢性腎不全に分けられます。腎臓の機能の程度は血液検査による、血清クレアチニン値でわかってきます。急性腎不全は、急激に腎臓がその働きを停止してしまう腎臓病です。原因を除去して治療を行えば回復が可能になっています。これに対して慢性腎不全は、数か月から数年かけて腎臓の機能が衰えていってしまいます。最終的には尿毒症という末期の腎不全になってきてしまいます。その時には多くの臓器に障害が現れるようになってきてしまいます。腎不全は血液中の老廃物が体外に排出できなくなりますので、様々な臓器に影響が出てきてしまいます。医療装置を使って老廃物を体外に速やかに排出しなければならなくなってしまいます。

生活習慣病にも気を付けて

腎臓病の予防は、それぞれの病気の原因に対処していかなければなりません。慢性の腎臓病は高血圧症や糖尿病、脂質異常症が原因で引き起こされることが多くなっています。予防には血圧の管理や食塩の制限、適度な運動や、過労を避けることが大切になってきます。また急性の腎炎という腎臓病は細菌やウイルスの感染が原因となることもあります。うがいや手洗いとともに毎日風呂に入って体を清潔に保つことも大切になってきます。急性の腎炎は安静のために入院することが大切になってきます。食事療法を中心として治療を行っていきます。慢性の腎炎は病気の進行を止めることを治療の目的にします。食事療法や病気の進行を抑えるために、薬による治療が行われることになります。

予防が治療の疾患です

3人のシニア女性

腎臓病には食事療法が有効で、塩分とたんぱく質の制限が重要である。腎臓病が予防を中心に治療を進めるのは、濾過機能をつかさどる細胞が一度壊れると再生できないからである。予防方法は専門家による指導を受けて学ぶことができる。

詳細へ

特徴と宅配サービス

笑顔の女性医師

腎臓病は腎臓の機能が徐々に低下してしまう病気です。腎臓の機能がかなり低下するまで自覚症状が無いのが大きな特徴です。腎臓病には食事療法が必要なのですが、最近はそういった腎臓の病気の患者に向けての宅は食事サービスが人気となっています。

詳細へ